六本木店からのお知らせ

2017年4月 7日 18:05

  • 水没したときにやってよいこと悪いこと
  • こんにちは!クイック六本木店です!

    一昨日の21時頃iPhoneを水没させてしまったお客様が来店されました。
    状態を確認して、直に乾燥、基板洗浄を行ったところ無事に復旧に成功しました!
    正直2回ほど乾燥作業と基板洗浄を行っても復旧しなかったので、「駄目かな~?」と思っていたのですが、無事復旧できて良かったです。

    ということで今回はもし水没してしまった時の対処法とやってはいけないことをご紹介しますよ♪

    iPhone水没.jpg

    まずは対処法から!

    ①:まず電源を落とす!!
    水に濡れた状態で使用を続けると高確率で漏電します!
    電源を落とすことで漏電する可能性をある程度防ぐことが出来ます。
    スリープボタンが効かない、タッチパネルが反応しない場合は仕方ないのでここはスキップしましょう

    ②:乾いたタオル等で水気をふき取る!
    端末の表面が濡れている場合は乾いたタオル等でふき取って下さい
    出来れば充電端子やスピーカーの穴の部分の水分も取りたいところですが、これらは無理に取ろうとすると逆に内部に水が入り込んでしまうので注意しましょう

    ③乾燥させる!
    密閉した容器に端末と乾いたタオルを入れて乾燥させましょう!
    一緒に乾燥剤や生米を入れるとさらに効果的ですよ!

    ④:平らな所に置く!
    内部に入った水分が移動するのを防ぐために容器の中に端末、乾燥剤、乾いたタオルを入れたら平らな所に置きましょう!

    ご家庭で対処する場合はここまでやっていただければ十分です!後は速やかに修理業者へ持ち込みましょう!


    お次はやってはいけないことです!

    ①:電源を入れっぱなしにする・電源をつけようとする
    はい、一番やってはいけないことですね。
    水で濡れた精密機械に電気を無理やり通そうとしたらショートするに決まっています。
    絶対にやらないようにしましょう!
    もちろん充電ケーブルをさすこともNGですよ!

    ②:温風をあてる
    これは学生時代に一度私が自分の携帯でやってしまったことです(笑)
    乾燥させようと思って密閉容器の中にドライヤーのジェット機能で当て続けたらオシャカになりました・・・

    犠牲の犠牲_compressed.jpg

    私の初めての携帯は犠牲になったのだ・・・犠牲の犠牲にな・・・

    先ほども申し上げましたがiPhoneは精密機械です、精密機械は水や熱にとても弱いです。
    なので、温風をあてるのは止めましょう。

    「冷風だったらいいの?」という声が上がりそうですが、基板自体を取り外した状態で行わないと水分は外に出て行かないのであまりお勧めしません。
    むしろ風によって水分が移動して濡れていなかったところも濡れてしまう可能性が出てくるので止めたほうが無難です。
    乾燥させたい場合は対処法の③を実践しましょう!


    ③:端末を振る、揺らす
    これもやりがちですね。
    水分を飛ばせそうな気がしますが、内部に溜まっている水が移動することで他の部分に影響を与えてしまうことがあります。
    水に濡れた端末はなるべく動かさないようにしましょう!

    いかがでしたでしょうか?

    人間誰しもミスをするものなので水没を完全に防ぐことは難しいです・・・
    しかし、水没した後に正しい対処を行うことでiPhoneを救うことが出来る可能性は飛躍的に高まります。
    (当たり所が悪くて駄目だった場合もありますが・・・)
    もし、水没してしまった場合は正しい対処をしてなるべく早くお近くの修理店に依頼しましょう!


    iPhoneでお困りのことがあれば是非当店へ!
    まずはお気軽にお電話下さい
    TEL 03-6262-9620
    LINEでも簡単お見積もりが可能です。
    LINE IDはこちら
    @trk3611g

六本木店からのお知らせ一覧

  • 簡単お見積り 郵送修理依頼
六本木店 簡単お見積り 郵送修理依頼 iPhone用サイトはこちら 修理保証 代理店募集中

PR