六本木店からのお知らせ

2017年4月26日 16:18

  • 近接センサーって何ぞや

  • 皆さんこんにちは、クイック六本木店です!
    4月の最終週も半ばに入りましたね!G.W中の営業時間は前回のブログに記載していますので、ご確認下さい!

    今回はiPhoneだけではなくスマートフォンを使う上で重要な機能、近接センサーについてご紹介します!

    そもそも、近接センサーとはどの様な機能か皆さんご存知でしょうか?
    iPhoneに限らず、スマートフォンは通話するときに本体を耳に押し当てますよね?(中にはイヤホンマイクを使う人もいるとは思いますが・・・。)
    近接センサーは通話をしているときに画面をオフにする機能を持っています。

    殆どのスマホは近接センサーによって、通話中に誤動作が起きないようになっています。
    では、その近接センサーはどこにあるのでしょうか?

    答えはこちら!

    iPhone6 近接センサー.jpg

    み、見づらいっっ!
    パネルが黒だと見づらいですが、白だと分かりやすいと思います。
    iPhoneは大体イヤースピーカーの上に付いています。

    siriを起動した状態もしくは117(時報)や177(天気予報)など迷惑にならない所へ電話を掛けてみて、耳にあてずにその部分を指で押さえてみてください。

    画面が暗くなったら問題なく機能している証拠です。

    もしスリープ状態にならなかったら、それは近接センサー(もしくは基板自体)に不具合がおきている可能性が高いです。

    この状態で使用を続けると通話中に終了ボタンに間違えて触れてしまい電話が切れてしまう、スピーカーモードになって会話の内容が周りの人にダダ漏れになってしまう、といった事になってしまうかもしれません。
    友人同士であれば途中で切れてしまっても笑ってすむこともありますが、これが上司やお客様との通話だとゾッとしますよね?
    近接センサーが正常に動いていない場合、簡単に出来る対処法としては、最初にちょっとお話したイヤホンマイクを使用するというのがあります。

    イヤホンマイクを使えばスマホを耳に押し当てる必要が無いので、誤って指が触れてしまったといった事以外は誤作動が起きることは殆どなくなります。

    もし、「イヤホンマイクなんていつも持ち歩かないし、もし忘れちゃった時に大事な電話が掛かってきたら怖いなー」という方がいらっしゃいましたらご相談下さい。
    基板に何かしらの不具合があって直らない可能性もありますが、大体はセンサーの位置の調整やパーツ交換で直ります。

    仕事終わりに修理に出したいけど、どこも閉まってるから修理に出したくでも出せないと困っている方!
    当店は六本木のBar「Lounge AO」店内にて11:00~29:00まで営業しております。
    20:00以降はBarが開店しておりますので、お酒を呑みながら修理を待つことが可能ですよ!

    iPhone・iPadでお困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい!
    TEL:03-6262-9602

    LINEでもお問い合わせが可能です!
    LINE:@trk3611g

六本木店からのお知らせ一覧

  • 簡単お見積り 郵送修理依頼
六本木店 簡単お見積り 郵送修理依頼 iPhone用サイトはこちら 修理保証 代理店募集中

PR