iPhone修理のクイック からのお知らせ

おすすめの落下防止アイテムをご紹介!

2017 / 11 / 05
精密機器であるiPhoneを扱う時、一番怖いのが、不意に落としてしまう、ということではないでしょうか?さまざまなシーンで使うiPhoneだからこそ、落下させない、傷をつけないアイテムで守ってあげたいものです。ここでは普段役立つ落下防止アイテムをご紹介します。

iPhoneに装着して使えば使用中の落下とはサヨナラ!

iPhoneが落下してしまう危険が最も高いシーンと言えば、やはりiPhoneを使用しているときでしょう。
会話やアプリに夢中で手を滑らせてしまうというのは、どんなユーザーにも起こり得るもの。そのため、iPhoneに装着して使うタイプのものは落下防止として効果的です。

・バンカーリング
リングが付いた本体をiPhoneの背面に貼りつけて使用する、落下防止用の定番アイテムです。
このリングに指を入れてiPhoneを使用することで、使用中の不意の落下を防げるので、万が一を気にすることなくiPhoneの使用に集中できます。

・落下防止バンド
バンカーリングと同様にiPhoneの背面に装着するものですが、こちらは指を入れる部分がリングではなく伸縮性のあるバンドになっています。硬いリングを指にはめるのが苦手という人におすすめ。

また、複数の指を入れて使用するので安定感があり、長時間使っても疲れにくいという利点があります。

・PluggyLock
iPhoneのイヤホンジャックに装着するアイテムです。
イヤホンジャックがストラップホールの役割を持つ形となり、付属の落下防止ストラップをつければ安全性は抜群となります。実際、ストラップを手首に通して持てば、仮にiPhoneが手から滑り落ちたとしても落下することはなく、安心して使用できます。

ケースとセットになっているタイプなら実用性も抜群

装着しておくと持ち運びが楽になる、傷がつくのを防いでくれるアイテムと言えばiPhoneケース。
これは落下だけでなく、傷がつくのを防いでもくれるので、できれはiPhone購入と同時にそろえたいですね。

・ネックストラップ付きの多機能ケース
ケースの背面に落下防止リングが付き、そのリングに装着できるネックストラップもついているケースがあります。ネックストラップをつけて首からぶら下げれば持ち運びに便利ですし、iPhoneを使いたいときはリングに指を入れて落下の心配も無しと、このアイテム1つでさまざまな状況に対応できます。

・ストラップ付き手帳型ケース
上記とは違い、手首を通すストラップがついている手帳型のケースもあります。
手帳型は万が一落下した際の安全性が高いのですが、使用中は手首にストラップを通しておけば落下の心配がありません。外見もおしゃれなものが多く、iPhoneにつける楽しみもアップするものを選べます。

まとめ
もはやiPhoneはなくてはならないもの、になっている人も多いですよね。だからこそ、万が一の事故が怖くなります。ここで紹介している落下防止アイテムはiPhoneを守るうえで役立つものばかりなので、iPhoneの購入と同時にそろえましょう!

>>iPhone修理のクイックのページへ戻る