iPhone修理のクイック からのお知らせ

画面が割れたままでのiPhoneの使用は危険!

2017 / 11 / 15
iPhoneは新機種が出るたびに機能が進化するだけでなく、画面の強度も上がっています。
ただ、絶対に壊れない画面というのはありません。一方で、画面が軽く傷ついたくらいならこのままでも大丈夫と考える人はいるようですが、その考えはとても危険なのです。

わずかなガラスの割れが大きな故障につながることも

iPhoneの画面は強化ガラスで形成されていますが、落下の衝撃で割れることはありますし、長年使っていれば何かの拍子で傷つけることもあります。大きな損傷ならiPhoneの使用にも支障が出ますから、早急に修理専門店へ依頼したいところです。

では、少々割れた程度で現時点の使用に問題はないという場合は、そのまま放っておいてもいいのでしょうか?

結論を言うと、そのまま放置するのは大変危険です。わずかな画面の割れでも放置していると、以下のような故障を引き起こすことがあります。

・ガラスの割れが広がり、タッチパネルの不具合が起きる(操作に支障をきたす)
・タッチパネルが反応しなくなり操作を受け付けなくなる
・割れた部分からほこりや水が入り、iPhone本体の故障につながる

決して大げさな話ではなく、いずれもガラスのわずかな割れから起こり得るアクシデントです。
とくに、誤作動を連発してロックがかかってしまうと、データのバックアップを取ることなく初期化しなくてはならない、というケースも考えられます。

ケガをする危険性や火事を起こす可能性など、iPhoneが凶器になってしまうことも

画面の割れをそのままにしておくと、小さな割れが少しずつ広がり、場合によってはガラス片を作ってしまうことがあります。

そうすると、指で操作しようとしてガラス片が刺さり、ケガをしてしまう危険性も。
通話しようとしてiPhoneを耳に当てたとき、小さなガラス片が出てきたら、と思うとどうでしょうか?また、画面の割れからほこりが入って誤作動をする可能性もありますが、それだけでなくガラス片がiPhoneの内部に入ってしまうことも考えられます。

本来ガラスパネルの交換だけで済む修理も、放置してしまったことによって修理範囲が広がってしまい、費用が大きく上がってしまうというケースもあります。

まとめ
iPhoneは精密機器ですから、わずかな画面の損壊が異常を引き起こし、計り知れない被害をもたらすことがあります。普段から大事に取り扱うことはもちろん、万が一画面を壊してしまうようなことがあれば、早めに修理を依頼するようにしてください。また、データのバックアップも取っておくことも重要です。

>>iPhone修理のクイックのページへ戻る