HOME >  修理メニュー >  音のトラブル

音のトラブル

声が聞こえない、音が割れる そんなトラブルを解消します

いくつもある音のトラブル

一口にスピーカーが壊れた、マイクが不調だ、と言っても実はiPhoneには3種類のマイク、2種類のスピーカーが搭載されており、またそれに付随する部品もいくつかあります。
下記に代表的な例をいくつかご紹介いたします。

通話の音が割れる、相手に声が届かない(イヤースピーカー・下部マイク)

通話の際、相手の声にノイズが入ったり、音が小さい、割れて聞こえる場合は、イヤースピーカーという耳に当てる部分の部品の故障が考えられます。
逆に、相手側に声が届かない、聞こえづらいといわれる場合は、マイクの不調の可能性があります。
iPhoneのマイクはドック・ライトニングコネクター部品に溶接されています。

動画撮影時に音を拾わない・Siriが使えない(上部マイク)

動画や、Siriを使う際に使用するのは、上部マイクの故障の可能性が高く、ほとんどの機種は上部マイクは内側カメラの部品、電源フレックスケーブルに溶接されています。

スピーカーから音が出ない、着信音が鳴らない

スピーカー部品の故障のほかにも、イヤホンを誤認識して外部に音が出ない場合や、充電端子部品の故障で音が出ないことがあります。

イヤホンで音が聞けない

イヤホンを接続しても、認識せず、音が聞こえない場合は、イヤホンジャックの故障です。
ほとんどの機種は、ドック・ライトニングコネクター部品にイヤホンジャックが溶接されています。

マイク・スピーカー・イヤホンの修理時間

上記のとおり、音関連のトラブルは複数の要因が考えられるため、まずは各店へご来店・お問い合わせをお願いいたします。
店舗一覧

当社なら安心! お客様のデータ(アプリ・メール・電話帳・音楽・映像など)は一切消えません。
※Appleで修理・交換をした場合、データは消去されてしまいます。