HOME >  修理メニュー >  水没修理

iPhone水没修理

あきらめないで!水没からの復旧もお任せください

とっても多い水没修理

トイレやお風呂。海やプール。
予期せず起こるのが、iPhoneの水没です。

iPhone7移行、防水・防塵(じん)性能がサポートされましたが、
完全なものではなく、今も水没で修理に持ち込みになられるお客様は多いです。

思い出の詰まったiPhone、取引先の連絡先が入ったiPhone、唯一の通信手段のiPhone。
そのiPhoneが溺れてしまった瞬間、あなたは冷静でいられますか?

水に濡れたiPhone、パニックを起こして間違った処置をしてしまう、冷静に正しい処置を行う。
そのときの対処次第で、復旧率が大きく左右されます。

iPhoneが水没してしまったら

(落とした場所が)真水の場合

ティッシュ等で包んで、表面の水分を吸いだす、充電端子部分やイヤホンジャック内も
細くよったティッシュでできるだけ水分を吸いだしてください。
内部の水分をできるだけ外へ出すために、ボリュームボタンのある側を
下にして穴から水分を逃がすようにして下さい。
無理に振って水を出すのは、基盤へのダメージに繋がりますので控えてください。
ティッシュなどで包み、できるだけ早く修理へお持込ください。

(落とした場所が)海水、及び不純物の多い液体の場合

塩分は金属の腐食を早めます。
そのまま乾かすと塩分濃度が上がり、さらに腐食を早めてしまう可能性があります。
蒸発する前に水に濡れたままで一刻も早く、修理へお持込ください。

iPhoneが水没した時にやってはいけないこと

電源を入れる

濡れた状態で基盤に電気を流してしまうと、部品や最悪基盤チップのショートを起こし、
深刻なダメージを与えます。液晶、バッテリーに関する部分は、
特に高電圧で稼動していますのでショートの危険が高い部分でもあります。
電源が入った状態で水没した場合も速やかに電源を落としてください。

自力で乾燥させる

乾燥剤等と一緒に数日放置する、という情報は、
完全な間違いではありませんが、数日待つ間にも金属のさびや腐食は進みます。
電源を落とした状態でも、バッテリーから待機電流が流れショートの危険は免れません。
また、ドライヤーなどで急速に乾燥させる方法も、落とした水に塩分や酸が含まれていた場合、
成分を濃縮させ基盤へのダメージに繋がります。

充電する

本体内部に水が残っていた場合、充電すると熱で腐食が促進してしまう恐れがあります。

放置する

基盤についたサビや腐食は時間がたって取れるものではありません。
時間が経過するほど、腐食が進み、復旧率が低下します。

主な修理方法

1.水没したiPhone本体を、まずは全分解します。
2.各パーツの水分を取り除き、腐食が起きていないか点検します。
3.基盤・部品を特殊な薬液を使い、洗浄機にてクリーニングします。
4.サビなどの腐食を除去した後、乾燥します。
5.全分解したiPhoneを組み立てます。
6.電源を投入し、各動作のチェックを行います。
7.動作に問題のある部品を特定し、交換作業を行います。

※店舗により、対応方法が異なる場合がございます。
水没したら、技術力・実績ナンバー1のクイックへ!
他店で直せなかった端末が、クイックで普及した実績も多数あります!
お客様のデータ救出を目的に、技術力の高いスタッフが対応させていただきます。
水没した直後のお客様の対応でも復旧率は左右されますが、時間が経過してしまった端末でも、まずは各店へお持込ください。
店舗一覧

当社なら安心! お客様のデータ(アプリ・メール・電話帳・音楽・映像など)は一切消えません。
※Appleで修理・交換をした場合、データは消去されてしまいます。