大和中央通り店からのお知らせ

2018年1月27日 12:56

  • iPhoneXって実際どうなの?

  • クイック大和中央通り店です


    2017年11月に登場した『iPhoneX』も発売されて既に3ヶ月経とうとしてます。


    修理に来店されるお客様の中でも、修理をするか最新のiPhoneに機種変更するか悩むという方もちらほら...。

    2年ごとに機種変更する方が多く(壊れるまで使うという人もいると思いますが)、機種変更後のデータ移行が面倒でずっと2014年9月に発売された『iPhone6』を使用していました。

    なんだかんだで、3年ほど使用していましたが、バッテリーも持ちも悪くなり、アップデートを行うたびに動作が遅くなってきたり、ストレージ容量も限界を迎えてきたので、思いっきって最新の『iPhoneX』に当店と提携してる携帯屋さんで機種変更をしてきました!!


    というわけで、今日は『iPhoneX』のメリットやデメリットについて、徹底的!勝手にレビュー!!



    ☆スマホをどのような目的で利用している?

    皆さんはスマホをどのような用途で利用することが多いですか?

    わたしは主に、SNS、Safariやアプリでのネット閲覧、音楽を聞いたりなどで、写真撮影は一眼レフやアクションカメラを使用しているので、使うことはほぼなく、写真加工のアプリなどもよく使用しています。

    あと、最近は音ゲーにハマってます...(笑)

    わたしの中でスマホに強く求めるのは【ストレージ容量】と【処理速度】です。
    趣味がカメラや音楽なだけあって、ストレージ容量はわりとすぐに減っていくので、できるだけ大きめのストレージ容量のiPhoneを選ぶようにしています。


    ふぉんてん.png














    てなわけで、わたしは"iPhoneX/256GB/ブラック"(画像右)を購入しました!

    持ったときの第一感想としては「でかっ」「ホームボタンないの違和感すぎる」でした。

    ブラウジング(Webサイトを閲覧すること)には画面が大きい方がもちろん見やすいので良いと思います。
    ほとんどの人が経験したであろう、iPhone4やiPhone5シリーズからiPhone6シリーズに変更した際に「でかくなった~!見やすい~!」なんて思いませんでしたか?


    今回、機種変更する際に、iPhone8Plus(単純にゲームするときに良さそうだったので...)にするか、iPhoneXにするか非常に悩んだのですが、iPhoneをお尻のポケットに入れることが多いので、Plusシリーズはやっぱり大きい感じが否めませんでした...。



    ★PlusシリーズとiPhoneXは変わらない

    iPhoneXは本体は小さいにもかかわらず、画面サイズは『5.8インチ』あります。
    実は、Plusシリーズの『5.5インチ』よりも数値上は画面サイズが大きいんです。

    実際には、画面自体が細長いことや画面上部のカメラがある部分が黒い欠きになっているので、数値ほどの実サイズの差はありません。

    それでも、Plusシリーズよりも小さい本体サイズで、Plusシリーズとほぼ同じ画面サイズを手に入れることができるのです。

    個人的にはiPhone6シリーズから発売された通常サイズでiPhoneXを作ってほしかったです。
    iPhone8PlusかiPhoneXか悩んでいたものの、やはりサイズ感的にはiPhone6のサイズが好きだったのもあるので...。

    何よりも、画面上部の黒い切り欠きがダサい!非常にダサい!
    やっぱりiPhoneのチャームポイントとも言えるホームボタンがないのが違和感すぎて慣れるのに時間がかかる!!(まだ言う)



    ☆iPhoneXの画質は文句なし

    出かける際は一眼レフを使用しているので、そこまで使用することはほぼほぼないiPhoneのカメラですが、最新のiPhoneが出るたびに一番気になるのがカメラ機能!

    使わないけど気になります...。

    iPhoneXの前に発売された『iPhone8/8Plus』はカメラ自体の仕様はiPhone7/7Plusシリーズから、そこまで進化はしていません。
    チップが高速化された恩恵を受け、画像処理によってキレイな画像が吐き出せるようになっているのが、主な向上点です。


    では、iPhoneXのカメラ機能の向上点とは?

    ・望遠カメラにより明るいレンズを採用
    ・望遠カメラに光学手ブレ補正を採用
    ・フロントカメラでポートレートモードが利用可能

    この3点が物理的に向上しています!



    ◎望遠カメラに採用されたより明るいレンズ

    望遠カメラのレンズがiPhone8/8Plusの"f/2.8"よりも、iPhoneXでは"f/2.4"という明るいレンズが採用されました。

    今までのPlusシリーズの望遠レンズには、特に暗い場所での撮影に問題がありました。
    例えば、明るさが足りないような状況では、光学ズームを利用しようとして、2倍ズームにしても、勝手に広角レンズのデジタルズームを利用して撮影してしまうという挙動があったためです。
    今回、レンズが明るくなったことにより、この現象が低減されることが期待できます。


    ◎望遠カメラに採用された光学手ブレ補正

    望遠カメラに光学手ブレ補正が搭載されたこともかなり大きいですね。
    そもそも望遠カメラの方が手ブレの影響を受けやすいのに、今まで手ブレ補正がついてないことが意味がわからない!!
    レンズが明るくなったこと、手ブレ補正がついたことからも、明るさの足りない部分でも積極的に2倍ズームの際に望遠カメラ側を利用してくれることが期待できます。


    ジーニー.jpg

























    ウッディ.jpg


















    この写真は先日ディズニーシーに行った際にiPhoneXで撮影したキャラクターです。

    めちゃくちゃキレイじゃないですか...。

    突然現れたキャラクターをサッと一眼レフを召喚してキレイに撮影するのは至難の業。
    こういった時にiPhoneXが役に立つのかと実感しました。



    ★iPhone8/8Plusを選ばなかった理由

    散々悩んだ結果、何故iPhone8/8Plusを選ばなかったのか...!

    理由は単純で、デザインや素材が変わっただけで機能的にはiPhone7/7Plusと変わりがなかったからです。
    iPhone6からの機種変更だったので、iPhone8でもホームボタンが感圧式になったり、3DTouchがあったりと変化はありますが、変えるのであればもっと変化がほしい!わざわざiPhone8/8Plusにする理由はない!と思い、iPhoneXにしました。

    金額的には、iPhone8/8Plusの方が圧倒的に安いですが、画質もこんなに良くて画面も大きく見易いので購入して後悔はしてません。



    ☆iPhoneXのメリットとデメリット

    これから修理をするか機種変更をするか悩んでいる方や、機種変更を検討しているけど肝心の機種で悩んでいる方の参考になれば嬉しいですね!


    ◎メリット

    ・iPhone Plusシリーズほど大きくない画面でPlusシリーズに近い画面サイズが得られる
    ・暗い場所での望遠カメラの画質向上の期待
    ・望遠カメラ利用時にも光学手ブレ補正の効いた手ブレの少ない写真が撮れる
    ・Face IDによる顔認証のおかげで、画面を見るだけでロック解除が可能
    ・画面が有機EL液晶なのでキレイ


    ◎デメリット

    ・値段は少しお高め
    ・ホームボタンがないため慣れるのに時間がかかる
    ・iPhone8Plusよりは小さいが、それでも通常版iPhone8よりは大きい


    機種変更したあとの初期設定やデータ移行がめんどくさい!という方、ご安心ください。
    大和店では修理以外にもデータ移行や操作方法などのお手伝いもしてますので、お気軽にお持ちください♪

    機種は古いけど機種変更するのも嫌だ...古い機種でも修理はしてくれるのかな?
    もちろん行っております!在庫も常時ございますので、駆け込み修理でも受付可能となっております!!

    本日も多数のご来店お待ちしております!

大和中央通り店からのお知らせ一覧

  • 簡単お見積り 郵送修理依頼
大和中央通り店 簡単お見積り 郵送修理依頼 iPhone用サイトはこちら 修理保証 代理店募集中 iPhone修理のクイック 大和中央通り店ブログ

PR